平成29年春のスギ花粉予報

 全国的には、東北から関東、北陸にかけて前年の60%〜100%となり、例年との比較では80%〜100%前後と予想される。

 一方、2016年春に花粉量が少なかった東海から九州にかけては、前年の2〜6倍になる地域が多く、例年との比較では1.1〜1.7倍になる地域が多いと予想される。



 全国的には、スギ花粉飛散開始は西日本では例年並みかやや早く(2月上旬〜中旬)、東日本では例年並みかやや遅く(2月下旬〜3月中旬)になる見込みである。




平成29 年春の静岡県内のスギ花粉発生量は、「非常に多い」見込みです。

  • 平成29年春のスギ花粉発生量は平年に比べて「非常に多い」と予想されます。形成された雄花の量は非常に多く、平年並みであった前年の2.7倍程と思われます。

  • 花粉の本格的な飛散開始時期は、1〜2月の気温に影響されますが2月中旬頃からと予想されます。

  • 平成29年春のスギ花粉の発生は、過去10年間を100とした相対値が201となり、花粉発生度は「非常に多い」と判定されました。
花粉発生度


注)調査は雄花の開花する前年に実施



 鼻の症状を軽くするためには、きちんと治療法を知り、対処していくことが大切です。また、花粉飛散開始前から治療を始める初期治療についても知っておきましょう。(耳鼻咽喉科Q&A:はな編を参照。)


トピックスへ戻る