アレルギー性鼻炎に対する
アルゴンプラズマ凝固法による
下鼻甲介縮小術




@はじめに

アレルギー性鼻炎、あるいは肥厚性鼻炎の治療は、薬物治療、および原因除去が第一選択となります。しかし、薬物治療に対して抵抗を示す鼻炎も存在し、手術、減感作療法、レーザー焼灼が行なわれてきました。近年、アルゴンガスをプラズマ化し、そこに高周波電流を誘導することで組織の凝固を行なう方法が開発され、アレルギー性鼻炎の治療に応用されるようになりました。


A治療法

アルゴンプラズマ凝固法によるアレルギー性鼻炎の治療は、腫れている下鼻甲介(鼻腔)粘膜を凝固・乾燥させ、収縮させます。下鼻甲介が収縮することにより、鼻閉が改善し、また、粘膜表層の粘膜分泌腺も凝固・乾燥させることにより、鼻水の量の減少も期待できます。








  • 鼻内に麻酔液の付いたガーゼを挿入し、表面麻酔を行ないます。(注射はありません。)
  • 鼻内手術用に開発されたプローブを鼻腔内に挿入し、アルゴンガスを噴射し、下鼻甲介を凝固・収縮させます。術中の出血はほとんどなく、鼻内の熱感、歯のしびれ感が軽度ありますが、強い痛みはありません。
  • 術後の痛みや出血はほとんどなく、日帰りが可能で、日常生活への支障は全くありません。手術後2〜4週間はかさぶたの付着や、反応性の粘膜の腫れのため、鼻閉が増悪することがありますが、一時的なもので、改善されます。








  • 外来で表面麻酔のみで行なうことができます。
  • 出血がほとんどありません。
  • 妊娠を考えている方や、何らかの理由で薬物治療のできない方に行なうことができます。
  • レーザー治療に比較して、発煙等が少なく、短時間の手術が可能です。
  • 術後の合併症をほとんど伴わない安全な治療法です。







  • 鼻腔が狭い方。
  • 鼻中隔(鼻の真ん中のついたて)彎曲が強く、プローブの挿入が困難で、アルゴンプラズマの噴射が困難な方。



B当院では・・・

木曜日の午後予約にて行なっております。手術困難な方もいらっしゃいますので、必ず一度、術前に受診していただきます。また、ご希望の方に、手術内容を分かりやすく説明したビデオを貸し出ししています。


アルゴンプラズマ凝固法についてのYouTube動画にアクセスできます。(上の画像をクリック!)

トピックスへ戻る


©2005-2013 Kamimura Ear, Nose and Throat Hospital. All Rights Reserved.