耳鼻咽喉科Q&A:のど編


Q1:
味覚障害の原因について教えてください。

A1:
ほとんどの味覚障害に亜鉛不足が関与していると考えて良いと思います。患者さんの訴えとしては、味覚の低下や消失が多く、嗜好に変化が生じます。何を食べても「苦い」、「甘い」、「塩辛い」などと訴える人もいます。味覚の症状以外に、知覚的な、舌炎のような症状を合併している方も少なくありません。




低亜鉛血症は、薬で亜鉛を補充することが必要です。
味覚障害が気になる場合は、当院でご相談ください。

Q2:
のどの奥に白っぽいものが分泌されます。ある程度たまると小さな塊が口の中に落ちてきます。口臭が気になります。取った方が良いでしょうか。

A2:
@どういうものでしょうか。

専門的な言葉では、膿栓(のうせん)と呼ばれます。のどの奥にたまって細菌やウイルスの死がいが固まったものです。のどの左右にある扁桃には、直径3〜4ミリほどの腺窩(せんか)という穴がいくつも開いています。この穴にたまったものが、ある日ころんと口の奥に落ちてくるのです。

A病気と関係があるのですか。

膿栓(のうせん)は、慢性扁桃炎(まんせいへんとうえん)に伴って多く見られます。細菌やウイルスによる炎症が続いたままになる状態で、軽ければ自覚はありません。扁桃は通常でも細菌と戦っており、うみができているのですが、慢性扁桃炎になるとその量が増え、穴の周囲が腫れてたまるわけです。

B治療は必要でしょうか。

炎症が慢性化すると、なかなか治りにくいのですが、白い塊が落ちてくるだけで、発熱や痛みなどほかの症状がなければ、それほど心配はありません。気になる人は、うがいでのどを清潔に保つことが一番です。水かうがい薬で4回以上のうがいを1日3度ほどすれば、細菌の増殖は防げるはずです。

C膿栓(のうせん)は取った方が良いのでしょうか。

周囲を刺激し、かえって炎症を大きくする恐れがありますので、自分で膿栓(のうせん)を取ることはやめた方が良いでしょう。どうしても取りたいのであれば、耳鼻咽喉科できれいにしてもらう方法もあります。

D口臭の原因になるのでしょうか。

よほどたくさんついていない限り、口臭に結びつくわけではありません。慢性扁桃炎で口臭のある方もいますが、たいていは胃炎などのほかの病気が原因です。神経質に考えることはないでしょう。歯肉炎歯槽膿漏(しそうのうろう)も口臭の原因になりますので、歯磨きを丁寧にして、口の中を清潔にするように心がけましょう。

Q&Aへ戻る